車の塗装を守るコーティングテクノロジー

その他のカーコーティング

フッ素系コーティング

フッ素系コーティング剤は市販されているものも多く、いい製品を選べば、コストもあまりかからず、効果も長続きするという、コストパフォーマンス面で最強かもしれないコーティングです。
 
フッ素系コーティング剤は、皮膜が比較的硬いため、外的要因によるキズをある程度防ぐことが可能です。効果の持続期間は3ヶ月から半年程度と長めです。
 
しかし、市販製品の性能にはばらつきがあり、フッ素系コーティング剤を一概にすばらしいと言えない原因になっています。「コストパフォーマンス面で最強かもしれない」と書いたのはそのためです。市販品を選ぶなら、なるべく石油系の溶剤や研磨剤が含まれていないものを選ぶようにしましょう。
 

ポリマーコーティング

ポリマーコーティングは、ワックスと言うほどではありませんが、油脂成分を多く含んだコーティングです。専門店に作業を依頼することがほとんどですが、最近はガラスコートなど、他のコーティングに押され、あまり目立たなくなっているような気がします。
 
ポリマーコーティングはワックスよりも持続力があり、およそ2ヶ月から3ヶ月の効果が見込めます。ポリマーコーティングはワックス同様に塗装面に乗っかっているだけです。ガラスコーティングのように化学反応を起こして結合していないので、効果が衰えやすいのです。とはいえ、施工価格を考えると、まだまだ考慮されてもいいコーティング方法です。油脂系であるが故に、定期的に洗車とメンテが必要です。
 

ガラス系コーティング

ガラス系コーティング。ひじょうに紛らわしいので注意が必要です。「ガラス系」です。「ガラスコーティング」ではありません。
 
ガラス系コーティングは、前述のポリマーやフッ素などに、ガラスの繊維であるケイ素を混ぜたコーティング剤です。通常、1年程度は効果が持続します。市販品もあるので、自力で施工すれば、かなりのコストパフォーマンスが期待できます。
 
ガラス系コーティングの問題は、前述した紛らわしさにあります。コーティングの専門店では、「ガラスコーティング」と「ガラス系コーティング」の両方、もしくはどちらかを扱っており、話をしっかり聞かないと紛らわしいこと、この上ありません。ショップ側でもこの件は認識していて、信頼できるショップでは必ず違いを説明してくれます。問題は「ガラス系」のみを扱っている業者で、消費者に「ガラスコーティング」と混同させたままサービスを行うケースが少なからずあるようです。
 
これを防ぐためには、消費者の側もある程度の知識を身につけた方がいいかもしれません。
 
  • ガラスコーティングの特徴
効果は2年から3年は持続する。
施工価格は高い。
自分で施工することは基本的にできない。
 
  • ガラス系コーティングの特徴
効果は1年ほど持続する。
施工価格はそれなりに高い。
市販品もある。
 
この程度は抑えておく必要がありそうですが、もっと大事なのは、信頼できるショップを見つけることでしょう。
 
信頼できるショップを見分けることはなかなか難しいかもしれませんが、たとえば、ガラスコーティングを施工するためには、下準備として小さなキズやへこみを発見して修復する必要があります。そのためにはブラックライトなど、特殊な機材を使うこともあります。信頼を置けるショップは、多くの場合、こだわりを持って作業しています。ウエスひとつとっても、違いが分かるはずです。インターネットでも、こういう点を考慮してショップ探しをするといいかもしれません。